カードゲーム病の私です。アニメ・ゲームの感想等も徒然と

2017/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/06

管理者ページへ 
記事編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事編集

【ヴァンガード】ロイヤルパラディンガラハッド軸考察

どうも!お遊びテニスで思いっきり足擦り剥いたホウエンでございます。

痛いよ!色んな意味で!!

今回は「ロイヤルパラディン ガラハッド軸」の自分の構築&考察でございます。
では、行ってみましょう!

<ファーストヴァンガード>
どらんがる

<グレード0>
まぁるがる()×4
アラバスター・オウル()×4
幸運の運び手 エポナ()×4
世界樹の巫女 エレイン()×4

<グレード1>
閃光の盾 イゾルデ×2
ぼーるがる×4
といぷがる×3
小さな賢者 マロン×3
探求の騎士 ガラハッド×4

<グレード2>
ハイドッグブリーダー アカネ×3
真理の騎士 ゴードン×2
試練の騎士 ガラハッド×4

<グレード3>
双煌の騎士 マーハウス×1
爆炎騎士 バロミデス×3
神速の騎士 ガラハッド×4

以上となっております。
まず、トリガー配分はG2ガラハのSC2+まぁるがるによるSCで6枚になるのでまぁるがる安定で(むしろソウル6枚にする手段がこの型じゃこれしかない・・・)後はクリティカル重視で押します。

次、G1は色々悩む部分ですがVにガラハッド Rにバロミデスが並ぶ事を想定してといぷがるを3枚採用。逆にこれ以上詰むと事故る可能性がありますのでこれが限界・・・それよりもラクに9000bst条件を達成できるぼーるがるを4枚採用。
イゾルデは個人的に2枚が限界ですね・・・理由としては完全ガードで確定で手札2枚切りとなってしまうためハンドキープが難しくなるので2枚が限界です。そこまでガードラインが低いわけでもないのでこれでおkヽ(゚∀゚)ノ

G2も悩む事が多い部分でしたがアカネは安定ですねw
ギャラティン等も詰みたかった所ですがそんな幅ねぇよ・・・(#゚Д゚)
ゴードンを詰んでる理由としてはやられてウザいエスペシャルインターセプトをしかけるためですね。相手が標的をゴードンに移してくれたらそれでおkですし、標的にされなかったらされなかったらでエスペシャルしますよ。
G2のパワーラインが低く感じられますが、その分bstラインが非常に高いのでこれでもパワー11000の相手に対して1000要求を仕掛けられるように組んでます。

G3はほとんど悩みませんでした。
ガラハッド4は絶対条件かと思っているので4枚詰み安定です。
ローエングリンは詰まないの?って意見が出そうですが、ソウルは6枚あればいいので詰みません。(逆に言えば6枚以上あると腐るだけなので)
メジャーなSBする手段がソウルセイバードラゴンくらいしか思いつかないクランなのでソウルセイバーを詰まない限り不必要です。
そして、バロミデス3枚詰みはまぁこれでおkでしょう・・・(4枚詰んでもいいけれど・・・w)
マーハウスは思っていたより強い!何より後ろにつくのがこの頃には9000bstになっているのでVに対して12000+9000=21000ラインが出来てしまうというところですね。さすがロイパラ版エクスキューショナー!


このデッキが抱えてる問題点としては、ロイパラ全体に言える事ですが重速になってしまってるのでどうしてもウイニーや除去に弱くなってしまう部分がありますね。
そしてこのデッキにはその弱点がすごく強く出てしまいます。
その分回るタイミングまでに入ってしまうとどうしようもないくらい止められない状況になってしまいます。そこが強みだと個人的に思ってしまいます。

後は事故率がそこそこ高い部分ですね。そればっかりはこの軸である以上宿命的な部分があるのでそこは運命力でカバーwwww



と、まぁこのあたりで失礼します!
では、またの更新を~!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://houenstyle.blog62.fc2.com/tb.php/37-28d9bfda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。